News, Nutrition

「筋肉についての調査」で判明、『筋肉をつけたら人生も充実』する人が6割!


金曜日の29日は、森永製菓が筋肉の大切さとたんぱく質摂取の重要性の認知を高めるために制定した記念日「筋肉を考える日」だそうです。 来たる12月29日の金曜日に筋肉について考えるきっかけとなるよう、 Muscle Deliと、 森永製菓が共同で行った『筋肉についての調査』の結果が興味深かったので共有させていただきます。

『筋肉についての調査』はインターネット調査。 2017年11月29日~12月11日の間ウイダーwebサイトを閲覧者した全国10代~60代までの男女311名が答えています。

■ 86%の人が筋肉づくり・身体づくりを行っている

■ 72%の人が筋肉をつける手段として積極的にたんぱく質(=プロテイン)を摂取している

『筋肉についての調査』では、 実に86%の人が何等かの「筋肉づくり・身体づくりを行っている」と答えました。 また、 実際に筋肉づくり・身体づくりを行っている人は、 筋肉をつける手段として、 たんぱく質(=プロテイン)を「とても積極的に摂取している」23%、 「積極的に摂取している」49%、 合計で72%と、 身体づくりが一般化し、 筋肉をつけるにはたんぱく質が大切という認識の広がりを感じさせる結果となりました。

■ 筋肉がついたことで、 過半数を超える6割が、 人生が充実するようになった

「とても充実するようになった」13%、 「充実するようになった」47%を合わせると過半数を超え60%となり、 健康志向が高まる中、 筋肉をつけることで、 人生を謳歌する人が増えていくと考えられます。

■ 筋肉がついたことで、 見た目以外の効果を感じている人は67%

■ 筋肉がついたことで、 「自信がついた」「アクティブな行動を起こすことが増えた」

筋肉をつけることは、 心身ともにポジティブに生活を送るうえでも重要な要素といえそうです。

筋肉づくりを行う上で、 苦労していること・大変なことは「食事管理が難しい」

一方で食事面での苦労があるようです。 プロテインバーなどの栄養補助食品やサプリメントを活用して、足らない分は補うというのも手ですね。

2018年、更に充実した人生を送るためにも、  筋肉づくり・身体づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。筋トレは「きつい」イメージがありますが、一歩踏み出してしまえばそうでもないはず。自分にあったスタイルで取り組むのがFitですね。

出典:株式会社Muscle Deli PRリリース

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA