Sport

あざを早く消す方法


知らぬまに腕や脚にアザができているなんてことないですか?

ヨガのポーズに失敗して転ぶ、トレーニング中マシンにぶつかるなど、外的な力で組織が皮膚の奥の血管が破壊されると内出血をおこし、アザになります。

pole-dance-0510_Fotor私は最近ポールダンスに挑戦しているのですが、脚をポールに強く押しつけるので、1時間の練習後には脚の内側がアザだらけです。練習の途中から技術向上よりも、アザの痛みに耐えることがメインになっていたり・・・以下アザを早く治すための処置をご紹介します。

 

1)応急処置としては、冷やす

炎症はいわば患部で火事が起きているような状態。火事が長引いて他の部位にまで影響を及ぼしてしまわないことが大切。冷やすことで、患部の内出血は最小限に抑えられ、血流も遅くなるため、過剰な血液の貯留による腫れを軽減できます。10分~20分冷却すれば、腫れも痛みも和らぎます。

2)腫れ・痛みがひいたら温める

血流を促進するための処置です。36度~37度前後の体温に近いぬるま湯に浸したタオルを絞り患部に軽くのせるのがいいとのことです。ぬるま湯につける方法もあります。血流が滞っているとアザができやすいので、普段からマッサージするなどして血行を促すケアしておくことも大切ですね。

3)ヘパリン類似物質配合のクリームを塗る

hpクリーム以前製薬会社で働いて知った成分なのですが、基本的には乾燥肌の治療にお医者さんが処方するものです。保湿作用が高いのですが、それに加えてこの成分には炎症を収める作用、さらには血液凝固を防ぎ、血行を促進する作用があるので、打撲や捻挫による腫れややけどなどの傷痕にも効能を発揮します。(※血が固まらなくなるので流血している箇所に塗るのは禁物です!)ドラッグストアでも購入できます。有名なのはアットノン(小林製薬)ですが、お得なのはHPクリーム(ノバルティスファーマ)です。個人的には肌馴染みがいいHPクリームが好きです。冬場のひどい乾燥にも効果大なので1本持ってると重宝します!

 

参考:WebMD Bruises Treatment

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA