Nutrition

カットすればいいってものではない!カロリー不足がもたらす7つの不調


夏に向けてダイエットに励む方も増えてると思います。となると摂取カロリーを減らすことが命題に。ただし、だからと言って摂取するカロリーは少なければ少ないほどいいというわけではありません。以下の7つの症状で当てはまるものがあれば、カロリー不足に陥っているかもしれません。今一度食事プランを見直して、元気でフィットな身体作りを目指しましょう!

疲れが溜まっている

疲れ「カロリー=熱量=エネルギー」です。不足しているとどうなるか想像がつきますよね。ちょっと動いてすぐ疲れる、もしくは動き出すことすらままならないことも。たくさん寝たのに疲れがとれない何てことが続いているならば、最近食べたものを思い浮かべてみてください。1日の基本的な活動を行うのもしんどいようだったら、確実に基礎的なエネルギーの摂取が不足しています。

トレーニングが拷問のよう

ダイエットのために運動をするのならば、そのためのエネルギー源が当然必要です。ガス欠状態で無理に運動しても、汗はかかないし、ただただ辛いだけです。運動前にしっかりと糖質やたんぱく質の栄養を摂るだけでなく、運動後も回復力を高めるためにきっちり栄養補給をしましょう。筋肉を強化し、身体をシェイプアップするには、運動と栄養摂取、双方が不可欠です。

集中できない

猿ぐったりカロリーつまりエネルギーが不足していると、ぼんやりします。朝食を80kcalの無脂肪ヨーグルトで済ませていると、午前中の会議が辛いはず。ナッツやドライフルーツを加えてエネルギーを獲得してください。もっといいのは、たんぱく質、複合炭水化物、良質な脂肪分を含む朝食をとること。卵と全粒粉のパンに果実とナッツを添えたり・・・(面倒だと思うならエネジーオーツスナック一個に全て揃っています!)このような朝食は「ブレインフード(脳機能改善食品)」とも呼ばれています。

計画・予定が守れない

ダイエットのための食事を続けれないということも、それが十分ではないということを指し示します。意思が弱いんだと自分を責める必要はありません。続けれないのなら、少しカロリーを増やして継続できるように調整する必要があります。 リバウンドを防ぐためにも、継続できる食習慣を作ることがベスト。辛い食事制限よりも、楽しめて、元気、満足感を与えてくれる食事をする方が、結局は成功への近道となります。

体重が変動しない

scale_Fotor急激に摂取カロリーが減少すると、身体は「飢餓に陥った」と勘違いします。栄養が全く与えられなくなるのではという心配から、得た栄養をできるだけ溜め込もうとします。こうして新陳代謝が抑制され、体重は減りにくくなります。例えば1日の摂取カロリーが 1,400 で体重が減らなくなってきたのなら、1,600 に増やしてみてください。2−3週間で結果が出るはずです。

常に口が寂しい

口が寂しいということは、身体が本能的に食べ物を欲しているということ。無理に我慢するよりも、栄養バランスのいい間食を摂ってみてください。(ザイテンバッハ プロテインバーとか!)食事の回数が多い方が、血糖値が安定し、1日の摂取カロリーが抑えらるという研究報告もあります。

生理が不順

correct-down-dog-2_Fotorカロリー不足が深刻化すると、ホルモンバランスにも悪影響が出ます。ホルモンバランスが崩れると身体が正常に機能しなくなり、例えば女性だったら生理不順という症状に現れます。あまりにひどいと病院での治療が必要になってしまいます。そうならないためにも、身体が必要とする基本的なエネルギーはしっかり摂取しましょう!

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA