News

「美の巨匠」のことば


こんにちは、mariinaです。今日は是非多くの方に読んでいただきたい図書をご紹介させていただきたいと思います。昨日、4月28日発売となった「美の巨匠・植村秀のことば」(宝島社)です。

植村秀氏は、ご存知、shu uemuraという化粧品ブランドの創始者です。shu uemuraの代表製品はクレンジングオイル。アイシャドウやリップのカラーバリエーションも幅広く、その品質の高さからプロのメイクアップアーティストにも愛されています。様々な分野のアーティストとタッグを組んだ製品の発売でも話題。全国約80店舗以外に海外でも展開している、日本発の国際的なブランドです。

美容の世界で新風を巻き起こした植村秀氏

shu uemuraいちメイクアップアーティスト(といっても日本初の海外で活躍する男性メイクアップアーティスト!)だった植村氏は、女性の美しさを創造するために、必要だと感じたことは全て行いました。クレンジングオイルを輸入、化粧品を製造、店舗を構え、メイクアップコンテストやメイクアップショーを多く行いました。当時はオイル(油)で顔を洗うということは受け入れられ難いもの。今では当たり前となっている、化粧品を自由に試しながら買うというスタイルも存在しませんでした。また、メイクアップは舞台裏で行うのが当たり前で、ステージでスポットライトを浴びるようなものではありませんでした。そんな世間的な常識を、「創意と誠意・熱意」をもって一つ一つ崩し、植村氏は、まさに美容の世界に新風を巻き起こした人物です。

 

美の巨匠・植村秀のことば

そんな植村秀氏の名言が、それが発せられた背景と共に紹介されているのが、この「美の巨匠・植村秀のことば」です。「成功の三原則は創意、誠意、熱意」、先に挙げた革新者としての軌跡の背景にあった哲学も含まれています。

化粧品に興味がない方でも、是非読んでいただきたいと思ったのは、植村秀氏の語ることばがフィットネスにも通ずると感じているからです。”fitness (フィットネス)” のそもそもの意味は「ちょうどいい状態、調和のとれた状態になること」ですが、植村秀氏の追求した「美」は、”bien-etre (ビアンネートル) “、「よく存在する」ということばで表現されており、植村氏の行動、そして彼の語ることばは、いずれもこの哲学が軸になっていると思います。美容も、日々の生活、ビジネス、そして体づくりにおいても、効率や結果だけを追い求めるのではなく、fitness、bien-etreを意識することで「真の豊かさ」を得られる、そしてそれを意識するためのガイドのようなことばが、この本に書き記されているのです。

美の巨匠・植村秀のことば美の巨匠の語ることばは、メイクアップアーティストや画家・彫刻家などのアーティストのみならず、いち会社員にも、あるいは経営者にとっても、そしてトレーニーやトレーナーにとってもインスピレーションとなります。ここでこれ以上自分のことばではうまく表現できませんので、是非一度お読みなってみてください。読みやすい文章構成になっており、美しい写真も挿し込まれています。1時間もあれば読み終えれますが、道に迷った時に、ヒントが欲しい時に、もしくは自分をもっと高めたいと感じた時でも、何度でも読み返したくなる、そんなフィットな一冊です!

お求めはこちら:amazon

 

visuals via shu uemura

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA