Sport

サウナでいっぱい汗をかけば痩せる?


こんにちは、mariinaです。寒くなってきて、お風呂やサウナが気持ちいいですね。先日サウナに入っていて、「痩せたいからもう少しだけ我慢して汗かきます」という会話が聞こえてきましたが、発汗と脂肪燃焼の関係性、誤解が多いようです。

サウナで汗をかくほど脂肪が燃えるということはありません。サウナで身体から流れ出るサラサラの汗の主成分は水で、体温調節のためのもの。肌表面で汗が蒸発すると熱が奪われ、体温が下がる(本来の体温に戻る)という仕組みなのです。

ボクサーが減量するときに、サウナスーツを着てストーブの前でじっとしている姿から、「汗をかけば痩せる」ってイメージが定着しているのではと思いますが、彼らは脂肪を燃焼するためにそれを行っているのではありません。それはいわゆる「水抜き」。試合前のボクサーはすでに極限まで体脂肪は落としているので、最後は体内の水分を抜くことで体重を調整しているのです。

サウナに限らず、運動でも、「汗をかいたから痩せた」というわけではありません。発汗量は体質によっての変わってきますし、運動して痩せたのなら、それはカロリーを消費したからであって、汗をかいたからではありません。

サウナで汗を流すのは、痩せるためというよりは、「汗によって老廃物などを体の外に排出する」、「汗腺・皮脂腺を活性化し肌トラブルを解消する」、「血液循環を促進し冷え性や肩こりなどの体質を改善する」、ことなどを目的にするのがフィットですね。サウナでは水が抜けるわけですし、外気は乾燥してきているので、しっかり水分補給することも大切です!

 


Besides the misconceptions in the relationship between workout and fat consumption, there might be one in that between sweating and fat consumption.

There’re sometimes people saying that they go to the sauna and are patient in the humidity and heat for quite a long time in order to get rid of their body fat. But sweating in the sauna doesn’t help them in that respect. The watery sweat that flows out of your body when sitting in the sauna is a sign that your body is controlling its temperature. Sweat evaporates on the surface of your skin to reduce the body heat. This sweat is mainly made of water.

You may have seen professional boxers wearing a sauna suit sitting in front of a heater to loose weight – This is not to burn fat. These athletes already don’t have any fat left, so they try to take out water to control the final grams.

Sauna doesn’t help you to burn fat, but it can activate your sweat & sebaceous glands, which can solve skin problems. In the sauna, blood circulation will be promoted, which helps to improve your total body condition including stiff neck or intolerance to cold. Don’t forget to drink enough water when going to the sauna.

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA