Nutrition

あぁ愛しのたまご


出し巻き卵、オムレツ、卵焼き、卵かけご飯・・・卵ってほんと美味しいですよね。しかも、栄養成分が素晴らしい!

栄養が豊富!

1日に卵個食べた場合の栄養成分は以下をご覧ください。卵には人が必要とする栄養分がほぼすべて揃っています。

卵の栄養

出典:日本鶏卵協会

※たまご1個61g(可食部52g)、食事摂取基準(女性18~29歳、身体活動レベルⅡ)で算出。
※厚生労働省「日本人の食事摂取基準2005年版」の<推奨量><目安量><目標量>から算出。

 

注目成分は「コリン」

筋トレをする方でしたら、卵はたんぱく質源として重宝されていらっしゃると思いますが、卵のパワーはそれだけではありません。最近注目されているのが、脂質のうちの30%を占める「リン脂質」の中の「コリン」という成分。

  • 脂質の代謝をよくする
  • アルコールを分解する酵素の働きを活発化する
  • 血液を固まりにくくし動脈硬化を防ぐ
  • 脳細胞を活性化し老人性認知症の予防をする

などと、脚光を浴び、研究が進んでいます。卵にはコリンが他の食品と比べて豊富に含まれているだけでなく、その吸収を助けるビタミンB12までも含まれているのです。筋肉増強を目指す方だけでなく、健康的で楽しい、美味しい食生活には是非積極的に取り入れたいフィットな食品ですね。

卵好きなら、なってしまおう「タマリエ」

さて、卵を愛してやまない方、卵のこんなパワーを知ってさらに卵が好きになったぞという方も、「タマリエ」を目指すなんていかがですか?「タマリエ」とは、「タマゴのソムリエ」のことで、たまごについての知識を正しく理解した人々に与えられる称号です。

一般社団法人の日本卵業協会が主催する検定を受けることで、「一ツ星・三ツ星・五ツ星」の3ランクの資格を取得できます。
タマリエの資格を取得した人は、たまごの素晴らしさを世に広めていく伝道師として元気に楽しく活躍することが期待されているとのこと。一ツ星はこちらから簡単に無料で受けれます、我こそはと思う方は是非挑戦してみてください!知っているようで知らない卵のことをもっと知るにも最適です。

私は「一ツ星」を獲得いたしましたので、これからも大好きな卵の素晴らしさをお伝えしていきたいと思います!! 卵は命、日々感謝です。

Photo credit: pj_vanf via Visual hunt / CC BY

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA