Nutrition

筋肉だけじゃない!たんぱく質が重要なワケ


「タンパク質=筋肉。私は筋肉を大きくするつもりないからたんぱく質なんて・・・」もしそう思ったことがあるのなら、これを読んでいただきたいです。。

  •  身体の20%はタンパク質。
  • 筋肉や皮膚など身体を形作るものだけでなく、血液中で酸素を運ぶヘモグロビン、脳内で情報を伝える神経伝達物質、健康に欠かせないと話題の各種酵素・・・これらは全てタンパク質。
  • 人体に存在するそのタンパク質の種類は数万から最大10万種類
  • タンパク質は数百個のアミノ酸から構成されており、20種類のアミノ酸の組み合わせの違いが、その性質や働きを多種多様にしている。
  • 親から受け継ぎ、私たちの見た目から性格まで決めているとされる「遺伝子」は、いわば「タンバク質の設計図」のこと。
  • タンパク質にあたる英単語「プロテイン」の語源は、ギリシャ語の「プロティオス」で、「一番大切なもの」という意味です。

そう、タンパク質は人体の主役と言っても過言ではないはず。脂質・炭水化物に並ぶ三大栄養素のひとつであり、生きていくうえで特に重要な栄養素です。たんぱく質にはBCAAのように体内では合成できない必須アミノ酸もあるので、きちんと摂取するのがフィットですね。

 

※栄養素を意味する場合は「たんぱく質」、生物学的な意味合いでは「タンパク質」と表記しています。


 

“Protein equals to muscles; I’m not aiming to bulk up my body so I don’t need to care about the amount of protein I eat everyday…” If you think this way, please go through the list below that explains how important proteins are:

  • 20% of our body is made of protein
  • Not just our muscles or skin that form our body, but also hemoglobin that transport oxygen in blood, neurotransmitters that pass information in brain or enzymes that are essential for body functions…etc, these are all protein.
  • Up to 100 thousand kinds of protein exist in our body.
  • Protein consists of hundreds of amino acids. The combination of the 20 kinds of amino acids determines the features and functions of each protein.
  • Genes, that we take over from our parents and define how we look or how we are, are the “blueprints” for the proteins.

Yes, we can say that proteins are the main cast of our body. But some amino acids cannot be synthesized in the body. Make sure you intake enough protein every day.

related article: what is BCAA?

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA