Event

1) understanding the competition


【①大会コンセプト、審査基準、ルール等の確認】

まだ大会まで先なのに、寝ても覚めてもそわそわしているmariinaです。

さて、今日は大会に馴染みのない方でも気になっていることでしょう、ベストボディ・ジャパン(以下BBJ)とベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン(以下P&B)の審査ポイント、ルール等をご紹介したいと思います。事前対策セミナーに参加して自分が聞き取り、解釈した内容ですので、100%正しくはないかもしれませんが、自分はこの内容に基づいて準備しています。

まずは審査・選考基準について。

選考基準

(共通部分は黄色で網がけ)

どちらのコンセプトも、「トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい」という思いから発足しています。ので、私としては、ベストボディは「あぁあんな身体になりたいから運動しようかな」、ベストフィジーク&ベストビキニジャパンは「あぁあんな身体になりたいから筋トレしようかな」って見ている人に思っていただけるようなスタイルを目指せばいいのではと思っています。つまるところは、まずは自分が納得するかっこいい身体になればいいわけですね。本当に自分との戦いの成果を見せる場になりそうです。

 

次に、選考対象となるステージ上でのパフォーマンスについて。

パフォーマンス (共通部分は黄色で網がけ)

選考基準通り、BBJは身のこなし、P&Bは筋肉の表現がしっかり審査できるような衣装・パフォーマンスの構成になっていますね。自分の身体をよく理解し、自分にあった自由ポーズの組み立てが要になってくるのではと思います。

ちなみに、ビキニの形はブラジリアンみたいにお尻がで過ぎるものはNGですが、三角でもバンデュでもトップの形は問わないとのことでした。アクセサリーもジャラジャラつけて「これありですか?」と問い合わせた時にOKいただいたので、好きにしていいみたいです。とにかく、かっこよく、美しければいいわけですね。納得。

 

次投稿へつづく。

関連記事:ダンサーmariina ベストビキニ・ジャパンへの道BEST BODY JAPAN 2015

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA