News

来年の目標を達成する!


もうすぐ2016年!「来年こそは!」と様々な抱負を抱く時期だと思います。「来年こそは身体づくりに励もう!」という目標を持つ人も少なくないはず。その目標を確実に達成するためには、してしまいがちな言い訳を今のうちに潰しておくのがフィット!ということで、米人気のオンラインフィットネス情報マガジン”fitness”に掲載されていた、言い訳の潰し方をご紹介。個人的にも肝に命じました!!

***以下記事の翻訳****

言い訳に次ぐ言い訳・・・まるでトレーニングをサボるための際限ない”チケット”・・・1日20分で身体を変えるプログラム”20 Minute Body“の起案者であり、カラダ改造をテーマにしたテレビ番組”The Biggest Loserのアドバイザーも務める Brett Hoebel氏が、そんな言い訳を撃退する方法を教えてくれました:

 

言い訳⑴ ”今日は時間がない”

翌日忙しいと分かっているならば、トレーニングの荷物を前の晩までにまとめておきましょう。当日はお気に入りの音楽をきいてトレーニングへのモチベーションを上げるのも◎。

猿親子
言い訳⑵ ”子供から目が離せない”

ベビーカー移動の赤ちゃんがいれば、ながらトレーニングがし放題ですよ!もう少し年上のお子さんがいるなら、エクササイズチームを結成してみては?エクササイズDVDを、「自宅スタジオレッスン」として使用している家庭も少なくありません。家族のふれあいの一環にもなります。

 

言い訳⑶ ”昨日の筋肉痛が治ってない”

筋肉痛は、アスリートにとってすら練習を休みたくなる理由になりがち。そんなときは、筋肉痛になっていない筋肉を狙ってトレーニングしましょう。例えば足が痛いなら腕を使う、もしくは負荷が少ないヨガやストレッチに徹しましょう。

 

言い訳⑷ ”昨晩、はめをはずした・・・”

意外かもしれませんが、二日酔いには軽く汗を流すのが一番。HIITなど激しすぎるものは避けつつ、いい汗をかける有酸素運動がお勧めです。ただし、水分補給は細目に。


言い訳⑸ ”この体型でジム行くのは恥ずかしい”

誰だって始めなきゃ始まらない、始めるのにちょうどいいタイミングなんてありません。体型が気になるなら最初は少しオーバーサイズの服を着たり、ジムがすく時間帯を狙うのも一つですが、そもそも、これから頑張ろうとしてる人をバカにするような心の狭い人を気にする必要はありません!

 

猿ぐったり言い訳⑹ ”明日行くから今日はいいや”

過去は輝かしいもの。いい体型だった、調子よかったころの自分を思い浮かべてモチべーションに。そして、エクササイズプランを作って冷蔵庫など常に目に入るところに貼っておきましょう。エクササイズを行った日に印を付けていけば、目標の達成具合が確認できます。それを見ると不思議と「今日も行かなきゃ」って気持ちに変わります。

 

言い訳⑺ ”ジムに入会してないし、天気が悪くて出かける気がしない”

ジムに行かなくたっていいんです!家でできるエクササイズはいくらでもあります。DVDやオンラインの動画などを活用して、自分だけのプライベートなトレーニングを楽しめます。これは全くもって言い訳にはなりません!

 

言い訳⑻ ”仕事がたまっている・・・”

どんな仕事に取り組んでいたとしても、規則的に運動をすることでストレスを減らし、集中力・効率性を向上させることができます。どんなに忙しくても朝、仕事に行く前に20-30分を運動に充てることをお勧めします。生命力・集中力がアップするのを実感でしょう。

 


original article: fitnessmagazine

“I Have No Time!” and Other Workout Excuses, Busted

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA