News

元気が欲しい時に聞きたいロッキーのスピーチ

Featured Video Play Icon

 気持ちを新たに始まった2017年!しかし、頑張っているのに出鼻をくじかれてばかり・・・もし今そんな状態なのであれば、このスピーチで奮い立ちましょう。

映画『クリード  チャンプを継ぐ男』(原題: Creed)でロッキーが息子に語りかけるワンシーン。厳しくも、愛情がこもった言葉で叱咤激励してくれる言葉は、多くの人の心に響くのではと思います。

 
“Let me tell you something you already know.
 お前がすでに既に知っていることを言わせてくれ。
 
The world ain’t all sunshine and rainbows. It’s a very mean and nasty place.
 この世は虹や太陽が輝くだけの場所じゃぁない。卑劣で意地悪な場所なんだ。
 
And I don’t care how tough you are. It will beat you to your knees and keep you permanently there if you let it.
 お前がどれ程タフなヤツかは知らないが、抵抗しない限り、お前を挫折させ、常に打ちのめされ続けるだろう。
 
You, me, or nobody is gonna hit as hard as life, but it ain’t about how hard you hit, it’s about how hard you can get hit and keep moving forward, how much you can take and keep moving forward. That’s how winning is done.
 (その状を切り抜けるために)お前、俺、もしくは誰もが全力で打ち返そうとするだろう、だが、問題はお前がどれだけ「強く打つ」かじゃないんだ!お前がどれだけ打ちのめされても、「耐え抜いて」「突き進み続けられるか」なんだ。それが「打ち勝つ」ということなんだ。
 
Now if you know what you are worth, go out and get what you are worth, but you gotta be willing to take the hits and not pointing fingers, saying you ain’t where you want to be because of him or her or anybody.
 自分にどれだけの価値があるかわかっているのなら、社会に出てその価値を獲得するんだ。だがそれは、自らの意志で打ち込まれに行くということだ!自分の思い通りならないことを、指差して、彼や彼女、誰かのせいすることではない。
 
 Cowards do that, and that ain’t you. You’re better than that”
それは臆病者がすることで、お前はそんなんじゃない。お前はもっとスゴいヤツなんだ。
 
– Rocky Balboa 
 
常に挑戦し続けるロッキーだからこそ、重みがある台詞になりますね。
ロッキーに元気づけれ、フィットに歩み続けましょう!

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA