News, Nutrition

“SUBWAY” becoming healthier!?


【SUBWAYがよりヘルシーになる!?】EN follows

昨日、米国発祥のファーストフードチェーン「SUBWAY(サブウェイ)」が「北米のSUBWAYでは、18ヶ月以内に全てのサンドイッチ、サラダ、クッキーなどのメニューから人工着色料・香料、保存料を抜く」と発表した。

もともとSUBWAYはファーストフードとしたはヘルシーなイメージがあったように思うが、世間の「ヘルシー」の定義がより厳しくなってきているトレンドがうかがえる。

この方向転換は、今は北米のみの予定であるとのこと。QUARTZのインタビューによると、フラインチャイズのシステムが複雑で全世界的な変更をすぐに実行するのは難しいという。また、サブウェイのメニューに限ったことで、人工甘味料や人工着色料たっぷりの飲み物は引き続き販売されるとのこと。業界にすっぱりと変格を起こすのは難しいのでしょう・・・


Subway announced that it will remove all artificial colors, flavors, and preservatives from its menu items, including sandwiches, soups, salads, and cookies, across North America over the next 18 months.

Although Subway is one of the healthiest first food chain, they needed to cope with the change of the definition of “heathy”.

According to QUARTZ’s interview, there are no immediate plans to apply the ban across the chain’s extensive global operations since the franchise franchise is too complex to cope with. And sodas and other beverages made with high fructose corn syrup and/or artificial sweeteners seem to remain on the menu. It might be difficult to make big changes in such a huge industry.

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA